2020北海道旅11日目。斜里岳登山・三井コース。重要なポイント解説

旅行

北海道にあります斜里岳・三井コースから登山した時の注意点です。これ誰も解説してないんじゃないですか。難儀しましたよマジで。

 

この日のムーブはこんな感じ。

 

来運公園で水汲んでそのまま三井コースに向かいますが、登山口までダートな道を走るのでございます。まずはこちらの地図をご覧ください。

青の林道は途中でゲートが設置されており登山口にたどり着けない仕様となっております。そのせいで時間だいぶロスしたんだから・・・。

正解は赤の方の林道です。ちょろっと走ると三井コース登山口にたどり着きます。

 

斜里岳登山の重要なポイント。それは三井口にたどり着けるかどうか、なのであります。

8時過ぎ、登山開始。枯れ沢を登って、背丈以上の笹を掻き分けて歩きます。人気の無いこのコース。道中誰も会いませんでした。

登山ですれ違う時のあの「こんにちは」が苦手なので助かります。

山登ってると奇岩とかがチェックポイントになってることが多いのですが、ガマ岩っていうの結構見ますね。

昔の連中はなんでもカエルに見えたんですかね。よく分かりません。

この辺超えると草木も低くなりまして気持ちが良いです。最後の急登さっさと登ると山頂。この日誰もいませんでした。昼頃だったんですけどね。

前にyoutubeで上げたドローン動画はここで撮影したやつですな。なついですわ!

 

さっさと下山して北見に向かいます。

二日連続登山で疲れてるのに運転したくないので途中で諦めて、美幌町にあるみどりの村、という公園にてギブアップ。ビール飲んで寝ました。

コメント