2020北海道旅15日目。羊蹄山登山

後方羊蹄山

 

羊蹄山である。後方羊蹄山。日本百名山にも数えられる、誰が見ても分かり易く目立つ山。

これ見たら普通登るだろ。登りたくなるだろ。読者諸兄も登りたくなってるに違いない。早速登る。

羊蹄山・京極コースで登ることにする。一般的な登山道ではないのだが、昨日の野営地から近かったのであります。

山頂にかかる雲が気になりますね。多分上の方雨だと思われる。また雨か・・・。

こんな感じの看板が続いており、自分が今何合目にいるのかを教えてくれる。富士山みたいだ。そういえばこの羊蹄山。蝦夷富士と呼ばれて親しまれてるとかなんとか。独立峰であり、富士山に似てるのでしょうな。昔の奴らはすぐ富士山に例えます。富士山見える地名はだいたい冨士見です。

 

三合目と四合目の間でガサゴソ音が鳴ってる方を見るとシマシマのリスを見つけました。北海道にいるシマシマのリスだからエゾシマリスと名付けました。

 

四合目の次に見つけた看板が・・・

ボコボコにされた六合目でした。

五合目見つけられなかったのと、何故この標識だけボコられてるのか。

私の見解だと、六合目の横に書かれた一文。

忍耐の一歩 努力の前進

ここまで歩いて突かれた登山客がこれ読んでボコったのではないでしょうか。言われなくても忍耐してんだよ!と。謎が深まります。

九合目。もう一息です。山頂直下の急登を登りきると羊蹄山のお鉢に出ます。一周廻って登頂。

1898メートル。

いやー、疲れました。羊蹄山京極コースの○合目看板とキャッチコピー。忘れないようメモしときます。

一合目

頂上めざしてガンバロウ

二合目

マナーを守って楽しい登山

三合目

無理せずにまず一服

四合目

タバコで燃やすなこの自然

自然を大切に

五合目

見つけられず・・・。誰か教えてください

六合目

忍耐の一歩 努力の前進

七合目

足もとに気をつけて

八合目

高山植物を大切に

九合目

もう一息だ

 

三合目で一服を勧めて、四合目で火の始末を注意喚起。最高です。

雨なのでさっさと下山。ザックカバー持ってないので中に仕込んだダウンが濡れてしまいテンションが下がります。

来た道戻ってふもとの温泉に入ります。あ、ここの駐車場って昨日車中泊した所ぢゃねぇか!昨日は深夜に到着したから何の施設か分からなかったのであります。感動の再開。京極温泉。いい風呂でした。

倶知安に向かいます。旭が丘キャンプ場にて電源off。今日はめっちゃ疲れました。

 

この日で北海道登山は終了です。登山は終わりましたが函館で円光のアポがある為2日掛けて移動したそうですよ。その様子は次回。

コメント