屋久島・宮之浦岳登山

屋久島二日目の朝。登山口までマイカーで行く。

画像お借りしてます

安房から車で1時間くらい。ヤクスギランドを横目に、淀川口という登山口に着いたのが朝8時半。早速登山開始。ザッザと歩いて三時間半程で山頂。道中書く事がない、、、。マジで書くことが無い。登山ブロガーはよくもまぁスラスラと文章が書けるなァと感心します。歩いたり登ったり下ったり、それしかない。シカはいたけどこの島ではシカはまったく珍しくない。ヒーヒー言いながら登ったくらいですかね。前日の筋肉痛が酷くて大変でした。

 

宮之浦岳山頂からの眺望は、山と森しか見えなかったです。即ちそれは、街からも宮之浦岳は見えないって事です。人里から隠された山っていう事で割と好きだったりします。

 

 

 

標高1936米は九州以西最高到達点との事です。四国は石鎚山とかがもうちょい高かったのかな、あんまり詳しくなくてすいません。来た道をそのまま引き返し登山終了。行動時間は実に9時間半でした。昨日と同じ桶川温泉に行き、昨日と同じ店番に挨拶し、昨日と同じ湯に浸かる。今日は宮之浦地区で酒を飲む。開いている店が少なくて適当に入った居酒屋で事件が起きたのですが、それはまたいつかの機会に書こうと思う。未だに夢に見る程後悔している。もっと上手く立ち回れたはずなのに、不甲斐なさで枕を濡らす夜がある。

 

そして、次の日から九州南部は例年より二十日も早く梅雨入りし、私の行動予定も大きく修正するハメになるのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。